ユニコーン企業は自由な
経営体制から生まれる


産学官連携黒字化育成事業・次世代教育支援事業
優秀な100人の営業が回れば成長が加速する 

個人や組織が垣根を越えて自由闊達に連携しながら、多様な環境において新たな発想することで、一早く成長できる企業や次世代型人材を育成していくことを目指し、大企業の重役経験者、研究者、営業ハイクラス人材と共に、営業固定費に頼らなくても売上が伸ばしていけるように、営業分野の支援事業を行っています。
ザ・イノベーターの取材を受けました。➡閲覧URL

Project Leader:Yuji.B

小見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

概要

グローバル、産業構造の短期間での変化、環境の変化、人口増減による地方や都市の急速化など、日本や世界は急激な変化を余儀なくされています。新たな環境で適応できる企業や人材を育てて伸ばしていくことは、先に恩恵を受けた者の役割となっています。

現在起きている社会変化の中で求められる人材は、「喫緊の課題を解決する道筋を自ら考え解決する能力と10年後・20年後の未来に向けて持続可能な活動を続けて行ける探求心や好奇心に加え持続力」を併せ持った次世代型人材です。

セールスインテリジェンスでは、日本経済を持続的に発展させるうえで解決すべきは、営業人材の持つべき課題は何かという視点で様々な社会貢献活動を行ってきました。その中にはグローバル化社会で活躍できる人材を育成する大学生を対象としたプログラムや、イノベーション創造型のピッチイベント主催など、自ら起点となって変革を起こしていける強い営業人材や持続可能な課題に取り組める起業家を育成する課題解決型のプログラムなどがあります。

これらのプログラムが教育現場や企業から高評価をいただいたことで、より多くの大学や教育機関で展開する方法や、若手人材の起業家にとって重要な営業教育の変革が必要だと考え活動しています。

活動方針

 

持続可能な社会の実現のため同じ共通認識のもと組織や個人が連携しあいながら、さまざまな変化に対応し、変革を自ら主導して活躍できる次世代型人材を育成していくことを目指し、産官学事業連携・次世代教育事業(ICGS)は運営しています。ICGSは、「持続可能な営業戦略の実現」というビジョンを掲げ、得意領域の最大化を目指し頭脳を集約させ、共創的な連携を行います。また、科学的な分析を通して営業プログラムの成果を検証し、広く社会の発展に役立てます。

セールスインテリジェンスは、本業である営業コンサルティング業務を通して培った営業戦略、営業戦術、営業人材集約力に加え、幅広い業界とのネットワーク、営業人材育成の仕組み構築に関する経験や知見などを結集させ、事業構想から法人設立までを支援します。

本格的な発足に先駆けて、2022年10月からは経済団体や地方公共団体との協力体制がスタートしています。
また、今後は産官学交流のhubにセールスインテリジェンスが加わる事で、地域連携のスピード早めてまいります。

今後の大学との連携においても、セールスインテリジェンスは生きた営業プログラム提供、カリキュラムマネジメント、課題解決型営業学習づくり等の支援を実施していきます。



活動内容

私たちは、経済団体との協力のもと、地域のベンチャー企業の営業支援に取り組んできました。
まず、地域のベンチャー企業の現状分析を行い、課題やニーズを洗い出しました。それに基づいて、具体的な支援策を立案しました。私たちは、経済団体と緊密に連携し、地域の特性や産業構造に合わせたプログラムを作成しました。

具体的な活動としては、ベンチャー企業経営者などと営業戦略について話し合い、研修会やワークショップを開催しました。これらの活動では、営業戦略の策定や財務の見直し、マーケティング戦略などのテーマに焦点を当て、具体的なスキルや知識を提供しました。

また、地域の大学などと連携し、学生や研究者に向けて、専門家や優秀な実績を残してきたコンサルタントと連携して、今後のキャリアプランの選択肢を増やすための個別支援として相談者に対して実現性ある的確なアドバイスや解決策の提供を行いました。その結果、多くの改善や業績向上を実現することができました。
さらに、地域の中小企業やベンチャー企業の情報発信や交流の場を提供しました。様々なイベントや交流会を企画し、企業同士の連携や協力を促進しました。これにより、地域内の産学官ネットワークが活性化し、新たなビジネスチャンスや起業家が生まれました。

2040年問題 産学官プロジェクトは優績者ネットワークにお任せ

  • 高齢者(65歳以上)を活用した生産年齢人口と国内経済や社会維持プロジェクト

  • 社会保障費(年金)の増大: 2040年の社会保障給付費「190兆円」が持続可能な医療、介護、年金、保育などの持続的な成長モデル「生涯現役社会」の育成モデル

  • 85歳以上の高齢者が1000万人参加型、医療・介護のニーズがを活かす、医療・介護の持続プロジェクト

  • 単身の貧しい高齢者、団塊ジュニア世代、就職氷河期世代、非正規雇用、貯蓄ゼロ、低年金者活用型プロジェクト

  • 空き家率40%、地方都市衰退、東京都の高齢化、高度成長期に整備した道路、橋、下水道などのインフラ老朽化、維持・管理プロジェクト
  • ロボット・AI・ICTの実用化で、健康寿命を男女ともに3年以上伸ばし、地域包括ケアシステム、高齢者の暮らしを「地域」でサポートするためのプロジェクト
  • 集客がうまくいかない