有名企業で活躍した者達が公立大学データサイエンス研究者と共同開発しながら、利益向上をサブスク・成果報酬で実動支援


英・米の有名大学卒業者や上場企業幹部経験者も多数在籍

最新科学を駆使したBPOで、大企業の新規事業開発・採用面接・営業・管理すべてが成長する
顧客増90%
継続率95%
開拓率98%

セールスは科学で進化する

セールスは外部委託することで、成功が増え、新しい顧客開拓や成長優位性に繋がることを科学的に解明


セールスインテリジェンス
営業優秀者と初心者との能力を科学分析に基づき分析した結果を基に実動することで、表面化していない需要を喚起する営業手法です

※セールスインテリジェンスは科学技術と優秀戦略教師を用いて、営業分野の問題を解決する方法の手段。営業活動を円滑に行う為のデータ分析と分析に伴った的確優秀人材を連動させる一連の創造的ソリューションを指す。営業・マーケティング・その他の需要喚起手段を高いレベルで連携させることは、潜在顧客発掘に必要な情報を分析・識別・提示・更新し応用するのに用いる。主にインターネットや公開情報・非公開情報から顧客行動を分析し、購買意識の高いターゲットへ的確にアプローチすることで潜在利益の最適創造性につながる可能性がある。


データサイエンス・情報科学について
統計学、最適情報、情報工学など、複数の領域の社会課題を解決する可能性がある有意義なデータを引き出し活用するための研究分野です。 

※データサイエンスは、歴史的にはアメリカなど実践的な取り組みがスタートし、社会的なニーズが高まった結果として、日本では2017年関西から学術研究および教育における高等教育機関でスタートした分野で、少子高齢化・日本人口大幅減少の声が高まっている日本にとって数少ない成長豊かな分野であり、世界でも最も注目されている一つのアカデミック分野です。

セールスインテリジェンス
戦略コンサルティングの特徴

価値創造のインテリジェンス:セールスインテリジェンスによる新事業価値創造

セールスインテリジェンスは、利益変革を加速させるための新セールスサイエンスモデルです。このアプローチでは、戦略コンサルタントに留まらず、データサイエンティストと、営業、エンジニア、芸術家など顧客一体でチームを組み、不確実で困難な課題解決に取り組みます。従来の固定型報酬型のアウトソーシングと異なり、価値検証に必要最小限の機能を備えた実動組織を用いて実顧客で検証し、不確実性を減らしつつ価値を特定します。特定した営業情報は、社内の様々なテクノロジーや営業の専門家のアドバイスを踏まえ、最適な形でソリューションを適用して価値実現まで実走します。

赤字部門を9カ月で黒字構想を具現化 1億円以上の改善

データサイエンス事前調査(無料)
営業・行動計画策定・利益目標策定
業界でも最多の成功数を誇るプロが実動
利益を基に新規事業を策定
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

82% 

新規事業黒字化までの時間を短縮

2倍

革新的なアイデアを使用した利益創出

182%

事業多角化

小見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

データサイエンスを駆使した営業ドクタープログラム
for service

①凍結案件を事業の柱に導く営業開発力
- 優秀営業治験によりブルーオーシャンへ導く -

①過去から未来の状態を分析
②全体の成長性を仮説
③現状と仮説の差異を検証
④新たな戦略の仮設
⑤戦略と必要生産能力との差異を検証
⑥飛躍性企業の体力値を測定
⑦ブルーオーシャン市場作成
⑧優位性での営業推進
⑨ブランディング戦略展開
⑩未来分析と市場価値の拡大戦略

セールスインテリジェンスとは、AI時代に必要な優秀教師を創造する未来創造戦略です。各業界で特質な才能を開花させた当社関係者が、営業を行うことで当社と提携した企業の赤字リスクを軽減し、市場競争優位への影響が拡大致します。

②成長飛躍性を確信に変える実務行動 
- 約50万社へピンポイントで質の高い商談が可能 -

新規営業の全行程
①2023年版 セールスインテリジェンス プログラム査定
②成約率、売上高、利益率が高くなる(3H)企業を選択
③アポ取得、新規開拓、重役商談など分析を基に当社が営業を代行
④3H企業のキーマンとの商談に始まり、条件交渉を当社が代行
⑤取引の可能性がある金額を取引先から提示
⑥契約可能領域の選定と条件交渉を当社が行い妥結案を策定
⑦商談(契約)成立

取引スタート後、オプションにて下記の工程を行います。

成果を検証
売上継続と売上向上の可能性が高い企業をランク付け
・Assemble ・Incorporate ・Rearrange

③大企業成績優秀者×営業優秀教師データ
- 1回のアプローチから創造的な商談を積み重ねる -

新規事業立ち上げ当初の難しい状態から抜け出す確率を増すには、複数の優位性ある戦略を構築する必要不可欠です。ただ、広く早く規模を大きくする必要がある際や異業種分野の進出では、業界で名をはせた数名を幹部に徴用する手法だけでは戦略や情報が不十分であることから、BPOを使用することで戦力や戦略を補うことができます。セールスインテリジェンス型BPOは従来のコンサルとは違い、当初の営業コンサルや営業実務提供に加え、必要な場合には外部から人や企業を招集し、高い情報レベルを更新できる可能性が高まります。


①提携意図、企画に沿った企業選定
②取引開始
③提携・プロジェクト希望先企業と面談
④ジョイント企業との意思確認
⑤提携先企業との条件交渉
⑥金融機関など紹介
⑦提携先企業との合弁事業営業責任者として最終条件確定
⑧メディア広報戦略策定
⑨営業開始

④セキュリティクリアランスの徹底
- 過去の取引企業名も機微扱い ‐

営業機密情報を扱うスタッフは段階毎に教育を徹底しています。

活動にあたり、3つのお約束します。


1.御社の企業名を当社ホームぺジで公開や資料明記に至るまで一切を致しません
近年、営業代行会社やコンサル会社が、企業イメージや戦略上不利になるような行為を営業が詳しくない事務方の承認を取って行っていることが問題となっています。
その一つが、営業代行企業が過去の取引企業名をHPや会社概要など公開されている場で実名公表している点です。営業ノウハウの乏しい営業代行企業は過去の少ない取引先との情報を多くの企業に流布することで、信用を得ようと必死です。実名公表も自社の評価を得る為の自慰行為の一種です。ただ、知らないところで公開されてしまった企業は重要情報が垂れ流しの状態と言わざるえません。
AIなど情報共有が発達した現代において、営業戦略のレベルがどの程度か推察できる又はその可能性があるリスクとなる大変危険な情報取り扱いレベルであり、そのような単純なレベルでの情報漏洩は当社は行いません


2.御社機密情報を要求して営業致しません
営業する上で必要な情報と全く無関係な情報を営業を、得意としない企業に織り交ぜながら要求し、自社のその他の営業で利用している企業が増えています。大企業も例外ではありません。当社は機密情報となる恐れのある情報は必要とせず営業が可能です。


3.情報の再利用の禁止
お客様から得られた情報をデータベース化し、他の事業に利用している企業が増加しています。大企業や一部上場企業の中にも含まれている可能性があります。当社はお客様必要最低限の情報とし、お客様から得られた情報はデータベース化するような再利用を禁止しています。


4.当社の働くスタッフにも厳しい基準
当社の全てのスタッフは、個人のバックグランド調査や入念な書類審査を行っています。過去の犯罪歴、財務状況、友人や家族の接触関係、国籍や出身地、選挙活動、社交活動、薬物乱用など、様々な要因を調査しており、事前に高いレベルでの情報の取り扱いに同意した者のみ採用しています。加えて、高いレベルの交渉資格を持ちえた人材が面接などを行うことで、ポリグランスなどの最終テストを行う場合もあります。一員として参画する営業員は、入社後すぐに機密情報の取り扱いの重要性についてのインプットとアウトプットの時間を2時間以上設けております。レベルに応じた情報のみ提供することで、外部に情報が流出しないように、国内ではもっとも高いレベルの個人規約を設けています。

営業・コンサルティング事業

日本企業はここ30年間成長著しい諸外国に比べ低成長に終わりました。
また、先進国の中でここ10年以上に渡って、新規事業で成長が期待できない市場の1つになってしまいました。日本のビジネスモデルはここ5年を見ても新規事業に寛容ではなく、よって世界的に見れば、市場の適正評価に繋がっていません。世界的な評価を取り戻すべくビジネスを新しく生み出すサイクルにする必要がありますが、その為には新規事業へのアタック数を増やし、新規事業の黒字化へ導く為のアイデア出しは勿論のこと、アイデアだけではなく実際の活動を通じて、営業利益の向上に向け成功数を増やすことが不可欠で、経営層と事業企画・事業推進・行動戦略などBPOが果たせる役割は大きいと言えます。          

次世代育成・産学官連携事業

産学官連携の事業は1990年代後半から今日に至るまで、さまざまな取り組みが展開されてきましたが、大学の技術など大学知財を活用した多くの事業は、複数の営業ノウハウを持ちえた、横断的に取り組みができる組織が介在しておらず、短命に終わったり、予想以上に伸びていないビジネスが大半でした。そこでわたしたちは、地域において持続的に産学官による自律的かつ継続的な価値創出を可能になる、営業優秀システムを創造的に発展させたセールスインテリジェンスシステムを開発し、効率的な体制構築や産学官連携による営業自立システムの有効性を広げた活動をしています。従来の雇用システムから脱却することは、組織の柔軟且つ直進的成長につながることから、ますますの需要拡大が期待されているところです。  

小見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

産官学プロジェクト・人材育成など営業人材不足を感じたら今すぐコンタクト